募金活動とイベントブース出展「岩手郷土芸能祭 in 鎌倉」

 去る2015年11月、神奈川県鎌倉市の建長寺にて開催された「岩手郷土芸能祭」にて、募金活動、展示ブース出展、物販にて参加させていただきました。
当イベントは岩手県の震災支援団体「SAVE IWATE」などが協賛の元、第10回鎌倉芸術祭の一環として開催され、今回は大槌町吉里吉里大神楽の権現堂作製や保存会館再建の応援としての公演で、吉里吉里大神楽(大槌町)、胡四王神楽(花巻市)の2つの郷土芸能が建長寺で披露されました。

 今回初めて気仙すぎのこ基金として参加させていただき、芸能祭観覧や外国の方含む建長寺拝観のお客様とお話しすることができました。また、吉里吉里の大神楽や虎舞を近くで拝見するこもでき、その舞や笛太鼓の音色に震災を乗り越えようとする力強さを感じました。

 物販売り上げの一部を吉里吉里大神楽保存会へ寄付させていただきました。ご協力いただいた皆様、大変ありがとうございました。また、関係者の皆さま、当基金サポーターのみなさまにもあらためてこの場を借りて御礼申し上げます。